ケーブルカーは山頂で動かす!

ケーブルカーは、その名の通り、鉄製のロープを束ねたケーブルで車両を引っ張って急勾配を上り下りする乗り物。「日出号」と「青空号」の2両を同時に動かすのが鉄則で、運転はすべて御岳山駅にある運転室で行います。

ケーブルカーは全自動運転システム!

御岳山駅の運転室には、ちょっとレトロな雰囲気の運転操作盤がありますが、レトロなのは見た目だけ。運転は完全に自動化されており、ボタンを押せばスムーズに発車し、駅に到着すると自動的に安全に停車します。車両の位置や速度はメーターで正確に表示され、運転士は絶えず自分の目で監視。万が一の時は、いつでも安全に車両を停止させることができます。

■主要機器

・車両位置表示器
2両の車両が今どこにいるかをリアルタイムで表示します。
・コントローラー
車のアクセル、電車のマスコンハンドルに相当するレバー。手前に倒すと、車両が加速します。自動運転時は使いませんが、いつでも手動運転に切り替えられるよう手を置いています。
・誘導無線
運転室と、各車両の乗務員との連絡に使用する無線です。
・ブレーキハンドル
ハンドルを回すことによってブレーキをかけたりゆるめたりします。普段は自動的にブレーキがかかるので、このハンドルを操作することはありません。
・自動運転ボタン
普段は、このボタンを押すだけでほぼ全自動で動きます。異常が発生した時は、いつでも隣の非常停止ボタンで停止させることができます。
・メーター類
速度計、電圧、ブレーキ圧などのメーターです。


手動運転の訓練も欠かせない!

現在は自動化されているケーブルカーの運転ですが、かつては速度の調節やブレーキ操作は手動で行われていました。現在も、万一のケースに備えてバイパスの訓練が定期的に行われており、あらゆる事態に対応できるよう技術を磨いています。

これがケーブルカーの心臓部だ!

ケーブルカーを動かす「巻上機器」は、御岳山駅の運転室の下にあります。440Vの電気で動くモーターは、出力280kw(380馬力)のものが2台。大型トレーラー2台ぶんのパワーを持ち、しかも電気で動くので、スイッチ一つで即座にフルパワーを発揮できます。
このモーターが直径3m81cmの巨大な滑車(原動輪)を回し、満員時には15t以上にもなる2台のケーブルカーを引っ張り上げるのです。

■主要機器

・電動機(モーター)
ケーブルカーを動かす『かご型 電動機』が2台あります。
・ブレーキ機構
常用ブレーキと非常ブレーキがあります。
・原動輪
ロープを巻き上げる滑車で、直径3m81cmのものが二つ並んでいます。
・減速機
自動車で言えばトランスミッションにあたるもの。電動機の回転数を変えて強い力を作りだし、原動輪に伝えます。
・カップリング
電動機と減速機を接続する装置です。


●目次
●ケーブルカーの秘密
●安全運行の秘密
●運転・設備の秘密
●レールと車輪の秘密
●鉄道員の秘密
●ケーブルカー史料館
●箱庭御岳山
●小コラム「やっぱり鉄道の仲間!」
●公式グッズいろいろ
●御岳登山鉄道 歴史年表
●公式スタンプラリー
●御岳登山鉄道公式ホームページ
●Facebook
●Twitter
●You Tube